DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉄梨花
タイトルは中国の連続テレビドラマの題名。第1話からいきなり女の子が処刑されそうになったり、無理やり連れて行かれて結婚させられる女の子がいたりとなかなかおもしろそうなドラマなのである。全43話もあるこのドラマを中国のサイトでは全編オンラインで見ることか出来る。昔は画質が悪くてとてもじゃないけど全編なんか見る気にはなれなかったのが、最近では随分と画質が良くなって十分使い物になってきたので、一度挑戦してみようかとアクセスしてみた。どうせならその手の場面はダウンロードしてとっておきたいのだが、これが結構難しい。一応何回か試した結果落とせるには落とせたのだがこれがとてつもなく時間がかかる。そうでなくても1話45分くらいは見ていないといけないので40話でなんと30時間、それに途中でエラーだなんだかんだやり直したりしていたらものの2話分を落とすのに2時間以上もかかってしまい、ギブアップ。結局yesasiaという香港のサイトで60ドルほどで全話分のDVDが買えるので、そっちにすることにした。

それにしても他にも延々と若い女兵士たちのDiDシーンが続くTVドラマもあり、中国テレビドラマは花盛りである。それに比べて日本のは・・・
スポンサーサイト
鎖清秋
中国お得意の長編歴史テレビドラマ。詳細は不明だが、2008年というからかなり新しい。清朝のお話らしいが、私が持っているだけで全30何回かの内9回にDiDシーンがあるからこれはかなりの確率。ここんとこのなぁ~んもない日本のテレビドラマに爪の垢でも煎じて飲ませたいほどである。そんな中で最終回近くにあるのがご覧のシーン。一見するとただのハリツケだが、なぜかローソクが立っている。別にSMチックなローソク責めをするわけでもないので、なんだかよくわからないのだが、もしかすると縛り付けている縄が導火線にでもなっているのかもしれない。まずはご覧あれ。



中国式バスジャック
日本の刑事ドラマにもバスジャックを題材にしたエピソードは少なからずあるが、人質の乗客全員をこんな風に縛り付けた場面というのは見たことがない。大体こんな人数を縛り付けるだけで相当な手間と時間が必要なので、ちと現実的でないような気もするが、テレキンファンにとっては垂涎のシチュエーションではなかろうか。まずはとくとご覧あれ。



探偵学院???
うーん、なんじゃこれ。タイトルしかわからず詳細は全くもって不明。なんとなく台湾の学園ドラマらしい気もするのだが、どなたか詳細をご存知の方は是非ご一報を。なんとなくよさげではあります。




追記: SHIMMAさんから情報を頂きました。台湾ではなく、「女性宿舎という香港のアイドルユニットらしい女の子が主演したコメディアクション」ということで、下記リンクに詳細があります。素早い情報提供をありがとうございました。

http://posren.livedoor.com/detail-68817.html

中国テレキンDVD
以前中国ボンデージDVDに日本語字幕を付けてくださったSHIMMAさんが、今度はご自身の中国ドラマのコレクションからそれなりのシーンを集めてテレキンDVDを作られた。当面武侠編、電影編、現代・近代編の三枚だが、評判がよければ続編を作りたい、と伺っている。

このテレキンDVD、恐らく本家中国にもこれだけのものはないであろう、と思われるほど出来が良い。私自身も結構なコレクションをしているが、ほとんどカブリがなく、かなり古いレア物から新しいドラマまで幅広い作品が網羅されているし、なによりも画質がとてもよい。中国物の場合、様々な理由から画質無視のひどいものが多いのだが、このシリーズは画質にもこだわってかなり水準に仕上がっている。

中国、東南アジアのテレキンに興味がある方たちはもちろんのこと、全てのテレキンファンの皆様に是非とも見ていただきたい作品である。興味のある方は下記のリンクをクリックして欲しい。今回は会員様以外にもご提供しているので、是非ご覧になっていただきたい。

http://hiropinmike.com/Chinese/ChinaDiD.htm
中国素人映画
前に一度くらい書いたことがあるかとずっとさかのぼってみたが、どうやらこのブログに書くのは初めてらしい。中国に周元強さんという、素人映画監督さんがいる。実はこの人、中国の国営通信社である新華社や日本のNHKでも紹介されたことのある有名な方で農民自拍、すなわちキャストからスタッフから全てが素人で、私財をなげうって昔の中国人民がいかに虐待されてきたかを映画にしている。テーマがテーマなので、緊縛、拷問場面も数知れず、しかも一切手抜きをしないので、みんな本当にギッチリと縛り上げられているのが凄い。さすがに拷問場面は多少手抜きというか、本当に鞭打ったりまではしていないが、それにしてもそんじょそこらのSMビデオなんて裸足で逃げ出すほどの勢いである。

今回入手した全三話のドラマなんて、トータル一時間半のうち、確実に30分以上は緊縛場面があり、捕われ縛り上げられる女性は10人以上にも及ぶ。こんな素人映画があるなんて、改めて中国は凄い国だと思い知らされる。動画はご本人出演のメイキング映像。


血戦到底
いやはや、よくもまあこんなシチュエーションでやるもんです。高所恐怖症の役者さんていないんでしょうか。多分中国の現代ドラマだと思うのですが、タイトル以外詳細は不明です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。