DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外のテレキン
この趣味は世界共通のものとみえて、海外にも数多く同好のサイトがある。私自身も1990年代の半ば頃には今ではもう考えられない、ハエがとまるような遅~いアナログモデムで一晩中テレビのキャプチャ画像を海外から落としていた覚えがある。

その後自分でこのようなサイトを始めて、いくつか海外のサイトとも提携をしたりしてきたが、やはり亡くなったFUZZの所が一番まとまっていた気がする。どうもその他のサイトは量的にも質的にも物足りないものが多く、特に動画に関してはやはりサーバーの容量の問題からかまとまった情報があるサイトは少ない。

総じてこういうサイトをやっている人には良い人が多いが、中にはサギまがいのサイトもあるので気をつけなくてはいけない。つい最近もbindher.comというサギまがいサイトと問題があったし、別のサイトでもトラブルがあった。所詮100ドルやそこらの取引では裁判沙汰にまでなりはしない、とタカをくくっている悪質サイトもあるので要注意だし、海外から通販で何かを買う、というのはそれだけでリスクもある、ということだ。

なにしろついこないだ何十枚という海外DVDが税関にひっかかって大変な目に遭ったばかりだし・・・・
スポンサーサイト
やっと復活
一週間ほど台湾経由アメリカに行っていて山のようにメールが溜まっていた。その他留守中に色々溜まっていたことを処理していたらあっという間に3日も経ってしまった。

留守中に無事岡江久美子の宙吊りもGETできたし、「富豪刑事」にはなかなかおもしろいシーンがあり、更に夕べの「特命・刑事ドン甕」では待望の黒谷友香の拘束シーンがあった。以前「はみ刑事」で女刑事役をやっていた時には残念ながら一度もピンチシーンがなかった彼女だったが、今回は捕まってくれました。

まだまだ整理が全然追いついていないが、楽しみである。
岡江久美子
最近はすっかり主婦している岡江久美子だが、ちょっと前までは結構時代劇とかにも出ていて危ない目にも遭っていた。つい先日も時代劇チャンネルでオンエアされた「花笛伝奇」のシーンは有名だし、他にもいくつか記憶がある。

そんな岡江久美子が、来週月曜日CS時代劇チャンネルでオンエアされる「壬生の恋歌」で吊るされて拷問を受けるシーンがある。これは私が録画コレクションを始めたばかりの頃、すなわち1980年代初め頃に一度GETして以来実に20何年かぶりの再会となる。実は来週月曜日から一週間ほどアメリカに行くので、直接見ることができないのだが、留守録が失敗しなければ帰国してから見ることができるのでとても楽しみにしている。

元はNHKの時代劇なので画面はきれいだし、手抜きと化していないのでファンの方、マニアの方には必見である。

というわけで来週一週間はアメリカ粋なので、しばしのご無沙汰となる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。