DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大祚栄
最近はテレキンの収穫はおろか、録画すらほとんどしない日が多くなってきてしまった。マジでそろそろCSの契約チャンネルを大幅に減らすことを検討中である。

そんななか、韓国のKBSでやっている大祚栄(テジョヨン)がやたらに元気だ。韓国が高句麗、中国が唐の時代の壮大な歴史ドラマなのだが、ここ数回大量の捕虜がいて誰かが縛られて監禁されたり処刑されたりするシーンが続いている。戦時中のこととて男のほうが多いのはやむをえないのだが、結構女の捕虜もいたりする。それにどうやら韓国では縛ったまま牢に入れる習慣らしく、大勢の捕虜たちが縛られたまま牢に入れられているシーンを何回となく見かける。いつぞやは猿轡までかませたまま牢屋に入れられているシーンも見たことがある。

いまはもうほとんど韓国ドラマしか楽しみがない毎日、また何か新しい歴史ドラマを探さねば・・・、
スポンサーサイト
快刀洪吉童(ホンギルドン)
このところ中国テレキンにはすっかり飽きてしまい、日本物はもう期待できない(といいつつ細々とは録画しているがまあひどいもので)もっぱら韓国の時代劇を見ている。つい先日延々100話にわたる超大作「チャンヒビン」という韓国の悪女伝がCSで終わったばかりだが、最後の方はこの悪女の側近や仲間たちが次々と捕まって拷問されたり、処刑されたりの連続で、まあまあ楽しめた。ただ基本が宮中でのお話なのでバリエーションという意味では少々物足りなく、どれも同じ場面という感は否めない。

その点現在韓国でオンエア中のこのドラマはちょっと期待していた。韓国語はわからないので詳細は不明だが、どうやら韓国版義賊のお話らしい。その第9話、10話に売られてきた少女たちが大勢縛られて監禁されている場面があった。中国と違い、韓国の縛りは日本式の後手、胸縄というスタイルなので違和感も少なく、さすがに人数が多いのでそんなに緊縛感はなかったもののずいぶん久しぶりに懐かしい場面を見た気がする。

日本でいつオンエアされるのか、はたまたDVDが発売されるのかどうかは定かではないが、とにかくご覧になる機会があったら9話、10話はお見逃しなく。ちなみに10話の最後で一人だけ逃げ出したが、まだ大勢の少女たちが捕まったままなので11話以降も期待できるかもしれない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。