DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいDVDレコーダー
金48000円也を払って新しいDVDレコーダーを買った。最初は余りの機能の多さにちとびっくりしたが、接続そのものは大した苦労もなく、アンテナの入力端子をアナログ用とデジタル用を間違えてつないだくらいで無事完了した。予想していなかった地デジまで受信できてまずは一安心。しかしなんでリモコンが二つもあるんだ・・・

問題は今ある古いDVDレコーダーのハードディスクにあるコンテンツを無事移行できるか、更にCSや地デジなどのデジタル放送にかかっているコピーワンスだのCPRMなどをどうするか、である。結論から言うとコンテンツの移行は無事できた。もしこれができないとDVDドライブが壊れれたDVDレコーダーのハードディスクにある録画済のコンテンツはどうすることもできなくなってしまう。コピーライトという言葉は本来ユーザーがコピーする権利であるはずで、自分用にコピーが取れない今の仕組みはおかしい。なので私は自分の持っている知識と経験をフルに生かしてこれらの自称「著作権保護」の仕組みと戦っている。

地デジやCSの番組を新しいレコーダーで録画してみたが、予想通り普通のDVD-Rディスクにはコピーできなかった。まだCPRM対応ディスクを買ってきていないので、今後どうするかはまだ決めていないが、少なくとも古いレコーダーから新しいレコーダーにコピーはできるので(コピーしたコンテンツにはプロテクトはかかっていない)当面はこれで行くことになるだろう。ただ、いつまでもそんなことをやっているわけにも行かないのでパソコンでなんとかする方法を調べるつもり。人間の考えたプロテクトは必ず外せる人間がいる、という定理はもう何十年も証明されているのに、本当にイヤになってしまう。

まだしばらくは地上波のアナログ放送があるので地上波の録画はこちらをつかえばいいだけのことだが、2011年には全ての地上波はデジタルになってしまう。それまでに多少のシステム改良も予定されているようだが、基本的なユーザー無視、自分の利益だけを考える姿勢は変わらないだろう。考えても見て欲しい。大事な番組を録画してそれをDVDにコピーした途端、そのDVDがコピーも何もできない世界にたった一枚だけのものになってしまう。それが何かの拍子に壊れてしまったら、あるいは良くある不良ディスクだったらそれでおしまいである。こんなふざけた話があるだろうか。そういったリスクは全てお金を払ってコンテンツを買ってくれる客に負わせ、自分たちの利益のみしか考えていない役人や大企業の連中とは毅然として戦わなければ世の中はどんどんダメになってしまう。

大体誰がこんな狭い日本に地上波のアナログ、デジタル、BSにCS、ケーブルテレビとバカみたいに放送を混在させているんだ。私の周りにはビデオ一台満足につなげなくて、ただテレビが見られればそれでいいという人が大勢いる。そういった大勢の一般市民の声を無視してただ売らんかなだけのメーカーなどさっさと潰れてしまえ。
スポンサーサイト
DVDレコーダーが壊れた(;_;)
またDVDレコーダーが壊れた。たった数年の使用歴でもう三台目。しかも全て同じDVDドライブの不良。ハードディスクが壊れたことは一度もなく、いずれもDVDドライブのマウント不良という故障。繰り返すがたった数年の間に三台目、それもみんな違うメーカーである。早い話がDVDドライブというハードがそれだけ不安定である、ということである。ちなみにパソコンにつないでいるDVDドライブも一台書き込みができなくなる、という故障を経験している。パソコンの外付けドライブは安いものだし、それだけ取り替えれば済むことだが。DVDレコーダーはドライブだけ替える事は素人にはまず無理だし、メーカーに修理を頼めば新品一台と変わらないくらいのコストがかかってしまう。仕方がないので安物の新品を買うべく色々と調べていたら通販で5万円以下で買える事が判明したので、まあ納得しようかと思っている。

ところがもうひとつ問題が。それはCPRMという厄介者。当地福岡でもそろそろ地デジが始まっており、AV機器を買い換えるときはそろそろその対策も念頭に入れておかないといけない。それでなくとも現状ほとんどの録画はCSなので、コピーワンスだのCPRMだのを理解しておかないと何かと困ることになる。ついこないだはDRMという厄介者と格闘していたのに今度はこれである。

私はどちらかというと著作権に対しては保護派というか、中国のような人の権利など知ったこっちゃないという態度はあまりスキではない。だけどあまりに自分の権利を守ることばかり考えて、肝心のお金を払ってその権利を買ってくださるお客様のことなど知ったこっちゃない、という近年のデジタルライツの風潮には少なからず疑問を感じる。幸いにして私自身はもうPC歴、ネットワーク歴共に20数年というキャリアを持っているので何とか対応できるが、それにしてももうすぐ還暦を迎える身としては少々お疲れ気味。こんなことばかりに余計なお金を使ってる暇があったら10年20年安定して使えるデジタルディスクドライブを開発してもらいたいと思うのは私一人だけか。
飛天舞動画
最近あまり書いていないので、ここで動画を使えることをすっかり忘れていた(^_^;) せっかくなので前の記事の動画を貼り付けておくので、どうぞご覧ください。香港式とはこういうのだということで。



飛天舞 (Bichunmoo)
メイドインコリアの香港式特撮武侠映画、というわけのわからないドラマ。元々は数年前に作られた劇場用の映画だったものをテレビドラマにリメークしたものらしい。香港に良くあるワイヤーアクションバリバリの武侠特撮ドラマを韓国が作ったもので、舞台も唐の時代の中国。もちろん俳優さんは韓国人でセリフも韓国語だが、絵だけ見ているとどう見ても香港ドラマ。そして楽しみにしていたDiDシーンが最後にあった。ヒロインが敵に捕まってヒーローをおびき出す、というお馴染みのシチュエーションだが、このときに注目していたのが果たしてヒロインは中国式で縛られるのか、韓国式なのかだった。というのは着ている衣装が完全に中国式ではなく、ちょっとばかり韓国風になっていたからだった。その昔日本で夏目雅子主演でドラマ化されていた西遊記を思い出していただけるとおわかりかと思うが、この西遊記では数多くあったDiDシーンは全て日本式の縛りであった。

で正解は香港式でした。韓国式のほうが日本式の縛りに近いので期待していたのだが、首にかけた縄を胸の前で何回かねじる香港式の縛りでありました。ちなみに最終14話の頭にこのしーんがあるだけなので、もし日本でオンエアされることがあってDiDシーンを目当てにご覧になる向きはご注意を。

ところで大祚栄は相変わらず絶好調が続いている。いつまでも続いてくれるといいのだが・・・

王と妃
現在CS KBSチャンネルでオンエア中の「王と妃」だが、ここまで何もなくて少々ガッカリしていたが、昨夜の予告編にどうやら若い女性の拷問シーンがあり、女官たちがまとめて捕まるような絵があった。なにしろ予告編なので一瞬だけなので確かなことはいえないが、ちょっと期待している。ちなみに次回のオンエアは来週水曜日の深夜一時過ぎから。このチャンネルは連ドラが月火に一本と水木金に一本と言うちょっと変わった編成になっていて、水木金の方が時代劇をやっている。さて何か良いシーンに巡り合えるといいのだが・・・

追記: このオンエアには結局ほんのちょこっとだけ拷問シーンがあっただけで大したものではなかった。残念。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。