DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相田翔子
元Winkの相田翔子のピンチシーンというのは結構珍しい気がする。といっても自分で手錠をかけて人質になっているおばさんと交代する、というだけのシーンなのだが、なんとなくこれがそそられるものがある。ドラマのタイトルは「流石姫子」という中村玉緒主演のおばさん刑事物の第4弾。もしかすると犯人役の名古屋章となんらかのしがらみがある設定だったのかもしれないが、詳しいことは不明。とにかく相田翔子にもこんなシーンがあった、というだけで価値があるのではなかろうか。
スポンサーサイト
とよた真帆 in 明智小五郎
明智小五郎シリーズというのは山ほどあるし、ピンチシーンの数もかなりの数に上る。そんな中で、陣内孝則が明智小五郎を演じるこのシリーズは比較的再放送されることが少ない気がする。たまたまCSフジテレビCHでオンエアされていたのを拾って、とよた真帆の宙吊りシーンをGETした。珍しく宝塚スタイルの男装・軍服姿で吊るされるとよた真帆のシーンはずいぶん久しぶりに見る気がする。

このところ相変わらず数は少ないが、時々昔懐かしいシーンを見ることがある。CSの編成も同じ番組ばかり繰り返しオンエアしないでもっと色々な番組を網羅して欲しいものだ。
朱蒙(チュモン)
現在CSフジテレビチャンネルでオンエア中の朱蒙(チュモン)だが、今度の日曜日にオンエアされる37話には間違いなくDiDシーンがある。というのも前回36話の最後で女性が敵に捕まり、縛られて引き出されるところで終わっているから。予告編にもちゃんとあったし、結構楽しみである。しかし期待しすぎると大したことなくてガッカリさせられるのもよくある話なので、まあそれなりに、ということで。

5/12 追記: やれやれ、思いっきり外れてしまいました。せっかく捕まっているのに・・・
おたすけガール
2003年、円谷プロ制作のヒロインアクションドラマ。たまたまレンタルに出ていたので6巻まとめて借りてみた。第一話の冒頭でいきなり女の子が二人縛られていて、売られそうになっているのから始まって、6話中3話にDiDシーンがあった。しかもあとの2回は女の子3人の連縛である。DiDコレクションという観点からは申し分のない作品なのだが、なんとこのDVD、一巻に一話分、26分しか収録されていない。すなわち6巻全部見てもたったの3時間弱である。これはちょっと長めの映画やドラマの一巻分でしかない。これで6枚分のレンタル料金をとられるのはちと納得がいかない。確か東映の特撮物は原則一巻に4話収録されているし、もう少しマイナーなB級ドラマでも30分ものなら最低2話は収録されている。誰がこんな設定をしたのか知る由もないが、あまり客をバカにするとあとで必ずシッペ返しが来るぞ。
鳥居かおり in 月曜サスペンス
昨日5/5にオンエアされたTBS系列の月曜サスペンスドラマで鳥居かおりのピンチシーンがあった。いや、驚いた。一体何年ぶりだ。若い方たちはご存じないだろうが、その昔欽ちゃんファミリーとして出てきて結構ドラマとかにも出演していたが、結婚して引退。その後離婚して芸能界に戻ってきた、という話は聞いていたが、全くその姿を見ることはなかった。それが20何年かぶりに突然の登場で、しかもいきなりサルグツワをかまされていた。

彼女のピンチシーンは昔一度あり、「牟田刑事官」シリーズで小林桂樹の娘役をやった時に捕まっている、このときの絵が結構きれいだったので今でもはっきりと覚えている。さすがに43歳ともなると若い頃の美しさは望むべくもないが、なんだか昔付き合っていた彼女に突然再会したみたいで妙な気分だ。確か元々バレエをやっていたハズで、今はミュージカルの舞台にも立っているらしい。これからも一層のご活躍を。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。