DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ともさかりえ in タブロイド
もう10年近くも前の常盤貴子主演、夕刊フジをモデルにしたタブロイド新聞の内幕物ドラマ。現在CSフジテレビでオンエアされているが、その第4話にあるのが常盤貴子の同僚役ともさかりえのピンチシーン。ビルに忍び込んだ怪しい男を追いかけているうちに見つかって捕まり、人質にされるというシチュエーション。一応コードのようなもので手足を縛られているがあまり緊縛感はない。でもこうした一般のドラマの中のシーンとしては結構良い部類なのではないか。昔は時々こうした普通のドラマの中にあまりピンチとは縁の薄い女優さんが捕まったりしていたものだが、最近はあまり見かけない。ちなみに写真は当時のテレビ雑誌に掲載されたもの。そういえば最近はテレビ雑誌を買わなくなったのでこういう写真を見ることもなくなっている。たまには買ってみるか。


ともさかりえ
スポンサーサイト
中国版、藤原紀香・・・
いつものように中国サイトでダウンロードしていたらおかしなタイトルを見つけた、曰く「中国版・藤原紀香」。早い話がモデルの女の子がちょっと見藤原紀香に似ているだけなのだが、今までこういうのは見たことなかったのでちょっとおもしろくて早速ダウンロードしてみた。果たして似ているか、否か。ご覧になりたい方は中国CD/DVD販売サイトの「中華一暁」のページまでご足労を。
予告・交渉人スペシャル
以前テレビ朝日系列で放送された、米倉涼子主演の連続ドラマのスペシャル版が今週の土曜日にオンエアされる。5人も誘拐される、というストーリーでしかもその中に安めぐみの名前があって大いに期待してしまう。残念ながら先週の予告編は見ていないのだが、オフィシャルサイトの予告動画には多分安めぐみと思われる女性が柱に縛り付けられている画像がチラッと映っていた。「リセット」に続く安嬢のピンチシーンに期待大。

オフィシャルサイトはこちら↓
http://www.tv-asahi.co.jp/koshonin/
[予告・交渉人スペシャル]の続きを読む
大空港、再び
今週ホームドラマCHでオンエアの「大空港」で三たび片平なぎさの拘束シーンがあった。手首と足首だけをきっちり縛られて監禁される、というシーンだったが一緒に監禁されている男の子とのやりとりがっあるので結構時間的には長い。それにしてもこういう若いときの映像を見ると人間年は取りたくないものだ、とつくづく思う。特にきれいな女性は・・・・

P.S. NHKの30分時代劇「浪花の華」で栗山千明さんの柱拘束シーンがあった。絵柄的に決して悪くはないのだが、いかんせん暗くて・・・
シュシュトリアン
確か正式名称は「有言実行三姉妹シュシュトリアン」。かの有名なポワトリン、そしてナイルなトトメスの流れでオンエアされた少女アクションドラマだが、なぜか前二作品に比べて人気がないのか、今まで再放送にはついぞお目にかかれなかった。それがやっとファミリー劇場でオンエアが始まった。記憶によると最低でも十回程度はDiDシーンがあったハズ。土曜の朝っぱらに毎週一回づつ、というスケジュールなので先は長いが、楽しみにしていたい。
一色京太郎、再び
もう大分前になるが当地福岡で昼間に再放送された、里見浩太郎主演の「一色京太郎シリーズ」に立て続けにDiDシーンがあったことを書いたが、本日また同じシリーズの別エピソード再放送オンエアがあって、期待通り国生さゆりのピンチシーンがあった。時間はそれほど長くはないもののガムテープで柱に縛り付けられたり、口をふさがれたり、最後には後手に縛られて、里見浩太郎に助けられてもすぐにほどかれなかったり、となかなかのシーンであった。

「十津川警部」のシリーズにも少なからぬDiDシーンがあるが、かくりつという面から見るとこの「一色京太郎」シリーズが断トツなのではないだろうか。なにしろ今まで見たシリーズの中でDiDシーンがなかったのが一つだけだったから。確率という意味では現在CS東映チャンネルでオンエア中のフラワーアクション009ノ1が確か11/12とかだった記憶があるが、こちらはまあある意味そういうシーンがあって当然のドラマなので、普通の2時間ドラマとしてはやはり一色京太郎に軍配を上げたい。
久々に中国KB新メーカー
一年ぶり以上という本当に久しぶりに中国KBの新メーカーをみつけました。動画でご覧のようにストーリー物のDVDを何枚か出していて、プレビューを見る限りではなかなかよさそうです。早速コンタクトを取ってみたんですが、残念ながら日本にはDVDを送れないとのこと。中国では良くある話なのでそれは仕方ないとして、じゃあサイトのVIP会員に日本円で4000円ほど払って入会してみました。ところがところがその中身はほとんどからっぽに等しく、オリジナル画像が何枚かあるだけという悲惨さ。文句を言っても始まらないのでしばらく様子を見ることにしました。

とりあえずそのプレビューをどうぞ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。