DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うぉーっ、9人!!
あまり期待もしていなかった侍戦隊シンケンジャー。ルーチンで予約をしているだけに近かったのだが、今朝のオンエアを見て驚いた。なんと若い女の子ばかり9人も縛られているではないか! 昔の片岡千恵蔵の映画に二十人だか三十人だかの芸者が縛られて引き立てられていく場面があるし、時代劇や特撮物には時々大勢が捕らわれている場面があるが、そのほとんどが男女混合であり、今回のように若い女の子ばかり9人、というのはちと記憶にない。これを見て急に長い間ほったらかしになっている特撮物コレクションの編集をやる気になった。なにせこないだ見たら一年以上も前のゴーオンジャーの録画が手付かずでそのまま残っていたような状態なので・・・
スポンサーサイト
マイケル・ジャクソンとファラ・フォーセット
ブログのテーマとは直接あまり関係はないけれども、今日は朝からファラ・フォーセットとマイケル・ジャクソンというスターの訃報が同時に伝えられてきた。まあマイケル・ジャクソンの方はあまりまともな生活をしていたわけはないので仕方がない、としてもファラはまだ62歳でガンの再発だったという。それほど洋画に詳しいわけではない筆者もさすがにチャーリーズ・エンジェルは知っている。

先日亡くなった中島梓(栗本薫)も56歳でガンの再発。今年初めには高校の後輩がやはり56歳でガンの再発で亡くなっていて、何かここんとこ全体的に若死にがやけに目立つのは決して気のせいではあるまい。食生活なのか、あるいはその他の原因なのかは不明だが、ちょっと前までは50代でのガンはそう多くはなかった。いくら医療が進んだとは言ってもまだまだガン、特に再発したガンには人間は勝つことができていない。発病が若ければそれだけ再発の危険も高く、それは同時に致死率の高さにつながっていく。

身体に気をつけて、と言ってもガンの予防法というものは確立されていない。わが身の無事を祈るしかないのか。
石原さとみ in ビーバップハイスクール
今更、と思われるかも知れないが、ずっとその存在は知っていて、他の人にみせてもらったこともあった石原さとみのピンチシーンをようやくGETした。それもPart1と2と別々に2シーン。まだ若いセーラー服姿のマドンナ役、石原さとみが敵方に捕まって人質にされる、という絵に描いたようなDiDシーン、最近ではなかなかお目にかかれなくなったシチュエーションでもある。このビーバツプハイスクールというシリーズはかなりの本数がリリースされているが、こういう典型的なDiDシーンはあまりなかったと思う。最近すっかり情熱が失せ気味のコレクターの血を久々に騒がせてくれたシーンでもあった。

ついでに地上波の魔女裁判では比嘉愛未の監禁シーンというのがあったが、なんとこれは自作自演だったという・・・まあ美人なので良しとしようか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。