DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逮捕しちゃうぞ
原沙知絵と伊藤美咲主演の婦警ドラマ実写版。現在CS、テレ朝チャンネルでオンエア中だが、第2話、第3話と続けてピンチシーンあり。以前リアルタイムで放送されていた時も録画したが、あまり電波状態が良くなくて、薄暗い場面はあまり良く見えなかった記憶があるし、そもそも全話ちゃんと録画したかどうかすら記憶にない。今後の展開がちと楽しみである。

ところで引越しをして家のテレビ環境がCATVメインに変わった。地デジ、BSデジタル、CSが一台のCATVチューナーから出るようになり、コピープロテクトがかかるようになった。どうせアナログ放送がなくなって地デジ時代になったらプロテクトをなんとかしなければならないので、少し早めに手を打つことにした。まあここに詳しく書くわけにはいかないが。

しかしこれからの時代、たかがテレビを見るだけ、あるいはそれを録画してあとで自分で見るだけでどうしてこんなに苦労しなきゃいけないのか。専門家だって完全には把握していない証拠に家の二台のDVDレコーダーとテレビをCATVチューナーにつなぐ、たったそれだけのことをケーブルテレビの技術者が間違えてつないで、一時地上波が映らなくなってしまった。専門家ですら間違える接続を素人さんたちは一体どうせえという気なのだろうか。
スポンサーサイト
うーん、猿ロック・・・
昨夜のNTV系列「猿ロック」で典型的な瞬間芸があった。時間にしてほんの数秒、しかも暗い倉庫の中。こういうのが一番困る。捨てるには惜しいし、コレクションに入れるには短すぎるし。先日も中国サイトで別の瞬間芸を見たが、これよりまだ短いのが今回の猿ロック。うーん、どうしようかな・・・
名探偵の掟・最終回
少々古いネタだが、「名探偵の掟」最終回に婦警さんのピンチシーンがあったことを最近中国のサイトで知った。どういうルートでかは不明だが、最近の中国サイトには最新日本や韓国ドラマのDiDシーンが時々掲載されていて、見落としの補完に役立っていてくれる。この前の韓国版・花より男子も中国サイトからの情報だし、これであとは韓国語さえわかれば・・・とずっとおもっていたら実は従兄弟に韓国語がわかる人間がいたことがつい最近判明したので、中国語との交換授業でもやろうかと考えている。表向きにはあまり出てこなくとも韓国にだってテレキンファンは必ずいるハズだし、実際テレビドラマにはその手のシーンがごまんとあるのだから。
韓国版・花より男子、地上波でも・・・
5年半ぶりに東京に戻ってきました。やっと地上波のチャンネル番号がストレートに頭に入るようになって(苦笑)テレビを見るのが少し楽になりました。そんなこととは関係なく、TBS系列の午後時間帯に韓国版・花より男子がオンエアされており、前に紹介したDiDシーンをGETしました。やはり小さな画面の動画よりはテレビの画面のほうが見やすくていいなあ、と。ちなみにこのすぐ後が「チャングムの誓い」の再放送であり、日本語吹き替えなので前にはわからなかったストーリーも追いつつ、これから一杯あるDiDシーンをGETしていくつもりです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。