DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
張吉山
ずいぶんと久しぶりの韓国テレキンネタ。たまたま去年ソウルに行ったときに現地でリアルタイムでオンエアされていたのを見て、いつかは日本で見ようと思っていたドラマ。内容としては韓国ドラマに良くある義賊のお話なのだが、40話を過ぎた終盤戦になってから立て続けにお目当てのシーンがある。前半だけを見て諦めてしまうと損をするのでご注意。現在全25枚あるDVDのうち22枚まで借りて見終わったところ。残り3枚6話にどれだけのシーンがあるのか楽しみである。

ちなみにタイトルは韓国語で「チャン・ギルサン」と読むらしい。
スポンサーサイト
おおっ、二レンチャン!
夕べは「ヤマトナデシコ七変化」と「サラリーマン金太郎」と続けてDiDシーンがあった。ヤマトナデシコ・・の方は最初一人捕まっていて、更にそれを助けようとして続けて他の子も捕まる、というマニアにとってはとっても嬉しい展開、サラリーマン・・の方は金太郎をおびき出す人質、といういつか必ずあるパターンで、意外に早めに来たな、という感じ。井上和香は私が知る限り初ピンチである。ついでにこの後のAKB48主演ドラマ「マジすか学園」で三レンチャンを期待したのだが、流石にそこまでは無理だった。まあ良しとしよう。

しかし一月はまだ半分、しかも正月があったというのに既に新作が6シーンと地上波絶好調である。願わくばこの好調さが続いてくれると嬉しいのだが。
鷲尾いさ子 in 俺たちルーキーコップ
続けてもう一つ。ずっと以前にマニア仲間の方から見せてもらったことがあるシーンで、何年越しかでようやくGETした。特にどうということはないシーンだが、若き日の鷲尾いさ子、という希少価値がある。考えてみたらルーキーコップ、すなわち新人警官を題材にしたドラマというのは他にもあって、結構良いシーンがあったりする。あまり重厚な犯罪ドラマより、ちょっと軽めの刑事ドラマのほうが確率は良さそうである。
大塚寧々 in 最後の約束
一昨日の土曜日にフジテレビ系列でオンエアされたV6主演のペシャルドラマ。黒木メイサとともに椅子に縛り付けられていた大塚寧々。解放されてこれでおしまいか、と思っていたらまた最後近くに今度は猿轡付きでまた椅子に縛られていた。時々あるこのパターン、リアルタイムで見ていると一回解放された時に録画をとめてしまって、あとで悔しい思いをさせられることもある。なぜか今回は録画も止めずにぼーっと見ていたので無事GETできた。なんだかとても得をした気分である。

一応これが本年一発目、ということになる。正確には新年のスペシャル時代劇にちょっとだけ緊縛シーンがあったのだが、インパクトという点からもこっちを一発目としたい。と言いつついつのまにか今年も既に10日も経ってしまったが、さて今年はどんなシーンに出会えることやら。読者の皆様、本年もどうぞよろしく。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。