DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所変われば・・・
今週また北京に行くのでそのための資料集めをしていたらおもしろいものを見つけた。オリジナルの緊縛撮影を安い料金でやらせてくれるサイトが北京にあるので、そこを訪ねてみるつもりなのだが、そこの料金設定が実におもしろい。曰く「身長170センチ以下のモデルは3時間16000円、170センチ以上のモデルは3時間20000円」だそうな。なんと身長によってモデル代が違うのである。そういえば中国の乗り物での子供料金は年齢ではなく、身長で決められていた。駅の改札口にゲートがあって、その高さ以下なら子供料金となる。つまり発育の良い、大きな子供は大人料金を払わなければならない。

しかし別のページで中国全土からモデルを募集しているのだが、これがなんと住み込み、賄いつきで給料がたったの月額3万から5万程度。いくら物価の安い中国で、住居、食事つきとはいえ緊縛モデルという仕事でこの金額はないのではなかろうか。まあ現代の中国は田舎から都会に人が押し寄せて深刻な就職難だと聞くので、外国語やコンピューター技術などを持たない田舎の娘たちにはこんな仕事と給料でもありがたいのかも知れないが。

これまで上海と広州で何度か日本人向け倶楽部に行ったが、そこでついた女の子たちは全て田舎から出てきた子達だったし、上海でよく行く日本式居酒屋で働いているウェイトレスたちも全員外地から来ているときく。逆に雇うほうから見れば安い給料で質の高い人材を選べるのだから中国の緊縛モデルたちに美人が多いのも納得できる。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。