DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NTSCとPAL
うーん、5月になってからガクンと書き込みペースが落ちていますなあ。根雨少し頑張らないと。

本日はテレビの放送規格のお話。残念ながらテレビ・ビデオの放送規格は万国共通ではなく、アメリカと日本がNTSC、東南アジア、オセアニア、ヨーロッパなどがPAL、更にロシアなどはSECAMと3つに分かれている。なので中国で買ってきたビデオやDVDは日本の家庭用ビデオデッキやDVDプレーヤーではそのまま見ることが出来ないし、逆もまたNGである。ありがたいことにPCで見る限りはこの違いは関係ないので、現在家のサイトで販売しているDVDは原則PCで見ることをお願いしているわけだが、やはりそこらへんにある家庭用プレーヤーで見たい、というご要望は多いので、とりあえず数の少ないメーカーからNTSC化していくつもりでいる。一番数の多い鋭度主張は100枚近くもあり、変換するのに一枚何時間もかかるのでしばらく手が出せないし、同じく数の多い中華一暁はVCDなので関係なく、さしあたり監獄文化の15枚を 順次NTSC化して再リリースする予定。ちなみにやん脂コウのストーリー物DVDは最初からNTSCでりりーすしてある。

またある方がストーリーがある監獄文化の作品に字幕をつけようと現在奮闘中なので、こちらも乞うご期待。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。