DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国KBの危機!?
下記動画のような中国KBと初めて出会ってからかれこれ数年になる。2年ほど前からは実際に現地に出向いてこうした動画でDVDを制作したり、写真を公開したりしているメーカーの人たちと交流をしたり、撮影現場に立ち会ったりもしてきた。日本や欧米のSM,やボンデージとは明らかに違う、大人の遊びとしてうらやましくもあり、今後もずっと広がっていくであろうとち期待もしていた。それがどうもここんとこ様子がおかしい。

ここ一年ほど目立った新しいメーカーは出てこないし、既存のメーカーたちも見るからにパワーが落ちている。知り合いのメーカーの人たちからは口をそろえて「売れない」という言葉ばかりが聞こえてくる。そう、たったの数年で早くも倦怠期を迎えているようなのだ。なにしろ裸はご法度のお国柄なので飽きが来るのも早いのかとも思うし、実際そういう面も否定は出来ない。なんだかんだ言っても日本や欧米の場合は着衣緊縛とは謳っていてもどこかに裸が出てくるのが普通であり、また男女の夜の営みの活性剤の一つとしての役割も果たしているのは間違いがない。

しかしどうもそれだけではないような気がしている。実は一番大きな問題は中国お得意の違法コピーではないかと思っている。違法に持ってきて勝手にアップするものが外国のもののうちは関係なかったが、今はどこのサイトにでも中国国内の画像や動画が山のようにアップされている。これでは別にお金を払って会員になったり、ディスクを買ったりする必要はなくなってしまう。

中国のこの手のサイトはどこに行っても自分のものは持って行くな、とは書いてあっても人のものを持ってくるなとはどこにも書いていない。自分のものをよそに無断転載されて罵詈雑言を浴びせるかたらわらによそから無断で持ってきた画像や動画がズラズラ、というのが一般的な中国サイトである。最初から違法コピー、無断転載をどうしようもない、と諦めている人たちを含めてこうした中国人たちの著作権というか、他人の権利に対するモラルの低さが結局自分で自分の首を絞めているような気がしてならない。

長年日本や世界のボンデージを見てきた目から見ても中国KBはとても優れた良い面が多々ある。そんなせっかくのカルチャーを自分たちで潰してしまうのはいかにももったいないと思うのだが・・・




スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。