DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウルには何もなかった・・・
新年早々3泊4日でソウルに行ってきましたが、収穫は何もありませんでした。結構怪しげなCD/DVDショップとか路地裏に建ち並ぶ古本屋さんとかまで入ってはみたのですが、SM/ボンデージ関係はおろか、普通の成人向けビデオや雑誌すらほとんどありませんでした。それどころかレストランやバーが軒を並べる繁華街にはスナックやキャバクラのようなきらめくネオンすら見当たらず、なんという健康的な夜の町だこと、という印象しか残りませんでした。恐らく韓国語が出来て、もっとディープな地元の人たちが集まるような場所に入って行ければ少しは違ったのだろうと思いますが、そうでなければ何もないか、ボッタクリの危険が大きい客引きが跋扈するエリアしかない、という悲惨さでありました。

ちなみに一応ジャケット写真を頼りに数枚のB級映画らしきDVDは買ってきたのですが、お目当てのシーンはたった一つだけ、残りはただのB級映画でしかありませんでした。韓国のDVD屋さんというのは実は最悪でして、全く分類というものがされてなくてただズラズラとディスクが並べられているか積み重ねられているだけなのです。つまり韓国語がわからないといちいち棚からパッケージを引っ張り出してカバー写真を見るしかないので探すのがえらく効率が悪いのです。量的にも日本はもちろん中国にも遠く及ばない数しかなくて結構ガッカリしました。

というわけでこれからも韓国テレキンはCSとレンタルでチマチマと集めていくしかないし、韓国ボンデージは韓国語がわからない限り永遠の幻でおわりそうです・・・やれやれ。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。