DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国KBに首ったけ
中国KBのサンプル

ふと気がつくと早や1月も半ば過ぎ。年末年始のご挨拶もないまま時ばかりが過ぎていく。昨年暮れの天皇誕生日に還暦を迎え、友人が盛大に祝ってくれたのはとても嬉しかったが、今度は年を越してから免許証の書き換えで警察とトラブルになり、結局免許証は返納、身分証明書は区役所から発行される住基ネットの登録証明書に切り替えて警察とは縁切り。

まあそんなこんなで時は過ぎていっているのだが、この年末年始あたりから昔の中国KBに再度ドップリとハマっている。なにせ静止画は20万枚以上、動画は数え切れないほど(単に数える方法がないだけ・・・)持っていて、そのほとんど全てがほんの一部例外を除いて着衣であり、また最近は多くのマニアたちが仲間同士で集まってはストーリー物の緊縛動画をあちこちで発表している。着衣緊縛とストーリー物が大好きな私にとっては理想的とも言える展開である。更に何しろ日本の凡そ10倍という人工がいるので、単純計算でマニアの数も10倍、出てくる作品の数やモデルの数も膨大で、とても全てを把握し切れないほど。

日本のSM関連の写真やビデオもここのところバラエティ豊富にはなってきたが、なにしろ10何億という人口をバックに物凄い数の人たちがKB、SMではなく日本式に言えば「緊縛」を楽しんでいる。実際には夫婦間や恋人同士での性生活のアクセントとしてSMプレイを楽しんでいる人たちも決して少なくないと思われるが、何しろ裸はご法度(ところが最近某サイトで堂々と全裸の緊縛写真が掲載されていて、大丈夫なんかい、と人ごとながら少々心配である)のお国柄なので表に出てくるのは大半が着衣で、下着姿すらそう多くはない。

なので着衣緊縛ファンとしてはコレクションのしがいがある、というわけである。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。