DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再び南京行き
思えばもう6-7年も前の話しになる。当時鹿児島に住んでいた私はたまたま南京に鋭度主張というKBメーカーがあることを知り、物は試しとメールを出してみたら運良く返事が来たので、現地を訪問することにした。あれから北京だ、広州だ、武漢だとあちこち行ったが、鋭度と縁が切れた後でまた別のメーカーと話をするために南京に行こうとは思いもしなかった。最初に行った時は4時間以上もかかっていた上海-南京間の列車も今じゃ1時間ちょっとで行けるようになり、完全な日帰り圏内。結構な回数南京には行っているが、空港と列車の駅と鋭度の事務所くらいしか知らないので、今回別のメーカーに行くのは結構楽しみだったりする。

今回行くメーカーはホームページを読む限り日本のSMクラブと極めてよく似たことをやっている。自前で写真や動画を提供してはいるもののどう見ても会員に女の子を紹介するのがメインとしか思えない。しかもよくよく深読みすると水着や下着はもちろん、どうやらヌードも交渉次第のようなのだ。以前から複数のメーカーからその気になればヌードの緊縛撮影も可能だよ、という話しはあったのだが、当方としても公安に睨まれるのはあまり歓迎しないので手は出さなかった。先日ある別のKBサイトで中国人(日本人や外人ではなく、正真正銘の中国人)のヌード緊縛写真を見てびっくりした。今まで会員専用エリアで外人のヌードというのは何度か見たことがあるが、誰でも見られる一般エリアで中国人のヌードというのは初めて見た。今回現地で確かめてくるつもりだが、法規制が変わったのだろうか。

それにしてもモデル一人2時間1万円というのは確かに日本のSMクラブに比べたら格安だが、中国の物価としてはずいぶん高くなった気がする・・・
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。