DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜだろう・・・
あれほど憧れていた中国KBのパーティーだったが、実はイマイチ感動が薄かった。7-8年前に初めて南京の鋭度主張に行って、それから何度かKBセッションの場に立ち会ったりしてきたが、今回ほど感動がなかったことはない。その原因はやはり人数が多くてばらばらになっていたことと、自分自身の中国語能力の低さに尽きると思う。

実はもうかれこれ十指に余る中国KBのサイトと付き合いがあり、何度か日本のSMモデルを中国に連れてきてほしい、という話があった。中国のKBと日本や欧米のSMとは似て非なるもので、裸や性行為との連携が禁じられている中国から見ると日本や欧米のSMは非常に羨ましい行為のようだ。しかしそうしたSM行為の底に流れている信頼感やコミュニケーションの大切さを彼らをわかっていないので、全てお断りしている。今回の自分自身の体験から余計にそうした信頼感やコミュニケーションの大切さを再認識した。

次回はもう少し人数が少ない機会をみつけて行ってみたいと思っている。まあ中国語の方はこの歳だし、今更一生懸命勉強する気にもなれないので諦めるしかないが。最後にある友人が中国KBを実際に体験して言った言葉をご紹介しよう。

「(女の子を)縛ってからがおもしろいのに」

upload04.jpg

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。