DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BiEL
DiDという単語はマニアの間ではかなり知れ渡ったようだが、こちらはまだそうは知られていないのではなかろうか。意味はBondage in Everyday Life,すなわち日常生活の中でのボンデージである。どういうことかというと例えば大学のキャンパスなどでふざけて誰かを縛ったり、街頭デモなどで逮捕されて手錠をかけられたり、はたまた舞台の上や路上でのパフォーマンスなどで縛られたりするシーンのこと。アメリカにはこういう写真や動画ばかり集めたサイトがあるし(http://www.thebielsite.com/)中国や台湾でも公衆の面前でボンデージプレイをやっている画像があちこちに掲載されている。

どうも日本のSMプレイというと密室で行う暗いイメージがあり、また欧米のあまりに開けっぴろげな明るいSMには確かに違和感があるが、こうしたBiELというシチュエーションには結構惹かれるものがある。台湾には「SMプレイにも市民権を!」というスローガンを掲げて街頭でボンデージプレイをやっているグループがあるし(http://www.bdsm.com.tw/index.php)、中国でも人が大勢見ている街頭や公園でのプレイ画像が相当数ある。DiDと並んでこのBiELという言葉が果たして日本でも普及するか、ちょっと実験してみたい。

まずはYouTubeで流れているこんな動画から。

http://www.youtube.com/watch?v=rJYVLaQMDcw
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。