DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハレンチ学園
ご存知永井豪原作のちょっとエッチなドタバタコメディドラマである。何度か映画にもなっているが、現在CSチャンネルNECOでテレビ版をオンエア中である。DiDシーンがいくらでもありそうでなかなかない展開が続いていたが、先日の回にパン食い競争のように吊るされた札を口でくわえて取る、というゲームで生徒たちが全員両手を後手に縛られていた。このシチュエーションはずいぶん昔に何かのタレントゲーム大会でみたような記憶がある。こうしたバカげたゲームも最近はトンと見なくなってしまった。

荒唐無稽、という言葉がある。例えば昔の日活無国籍映画なんてその典型だし、時代劇や特撮物にもあり得ない展開のドラマなんていくらでもあった。そもそもSFというジャンルは根が荒唐無稽である。最近は時代劇でも特撮でもなんかスケールがちまちましておもしろくない。だから中国のスケールの大きなドラマに惹かれているような気がする。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。