DiD & KBブログ
テレビや映画でピンチに陥る女優さん(DiD)、そして中国ボンデージ(KB)のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女烈
先日中国であった男からハードディスクが送られてきた。中身は全て中国ボンデージの画像と動画。300ギガのディスクにたっぷり200ギガ以上は詰め込まれていた。しかし実はこの男のコレクションはこんなものではなく、ホテルの部屋に来たときには200ギガだ300ギガだのハードディスクをかばんの中からバラバラと10枚ほども取り出していた。これでもまだ一部だ、というコレクションは軽くテラの単位である。今までずいぶん国内外のコレクターと出会ったり話したりしてきたが、恐らくこいつのコレクションが一番ではなかろうか。

そんな送られてきたハードディスクの中に「女烈」というディレクトリィがあった。女烈とは中国語でヒロインのこと。この世界ではDiDに近い意味として使われることが多い。早い話が中国のテレキンコレクションというディレクトリィである。呆れるほどのコレクションをしている男であるが、ここだけは私のほうが多いようだ。日本版が2時間ビデオ+DVDで100数十本あるし、中国物のクリップだってCDにして30枚分くらい持っている、なあんて自慢をしても仕方がないが、世界には似たような趣味を持つコレクターはどこにでもいるもんだなあ、というお話。

蛇足ながらこの男、まだ30前と若く奥さんも生まれたばかりの子供もいる。もう一軒のサイトオーナーも結婚して子供もいて、どちらも奥さんは旦那のやってることを知ってるそうな。日本では家族に内緒でやってるか、独身者が多いのに中国、そしてアメリカでも結構家族でやってるケースが多いのはなんとなく羨ましい。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。